TOP > スポンサー広告 > 化学をちょっとべんきょうしてから記事を書いたらいいのに。TOP > 未分類 > 化学をちょっとべんきょうしてから記事を書いたらいいのに。

スポンサーサイト --.--.--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

化学をちょっとべんきょうしてから記事を書いたらいいのに。 2008.10.21

http://www.iza.ne.jp/news/newsarticle/sports/soccer/188723/
この記事あかんやろ。

> 『呼吸商』とは「呼吸で産生される二酸化炭素÷消費される酸素」の数値。簡単にいうと、これが0.7に近いと持久力があることを意味する。持久的運動で必要なエネルギー源が脂肪。脂肪や糖分をエネルギーに変えるのが「1粒300メートル」のキャッチコピー通り、あの栄養菓子「グリコ」に含まれる成分として有名なグリコーゲン(ブドウ糖)だ。

 つまり、持久力を保つにはグリコーゲンを脂肪の変換に効率よく使い、節約することが求められる。『呼吸商』は、脂肪を多く使っている場合は0.7前後、瞬発的運動に必要な糖分を主エネルギー源にすると約1になるため、この数値で持久力が診断できるわけだ。
関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL:
«  | ホーム |  »
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。