TOP > スポンサー広告 > 戦術TOP > 未分類 > 戦術

スポンサーサイト --.--.--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

戦術 2008.10.20

引いた相手、攻撃に時間がかかって引かれた場合にどう攻めるか。

ボールを持っているんじゃなくて持たされているだけになっているか。

ボールのポゼッションを重視せず、捕ったら早くを繰り返し、相手とのフィジカル中心のゴリゴリサッカーと個人の強さにゆだねたサッカーにするか。

Jリーグでは、捕ったら早く展開を基本として、そこまでポゼッションを重視しないクラブがある。特にガンバ、アントラーズもまあそうだ。レッズなどもそうだし、基本強いクラブは大体そうだ。
ガンバは捕ったら遠藤にあずけてバレーめがけてパスが基本だった。バレーが抜けて攻撃力はかなり弱まったが、今もこの戦術は変わらない。また、FWはサイドに流れることはほばない。しかも、サイドバックは、ほとんど上がらずリスクを減らしている。これによって安定して勝ち点を得るサッカーとなっている。サイド攻撃がほとんどないのが特徴だ。これは、相手の強さによって使い分けているかもしれない。アントラーズは、捕ったら、サイドに振りここからロングボールが多かったがオーソドックにいろいろな攻めを見せる。ここもリスクをかけて攻めの人数を増やすことはしない。パスに前線の個の能力任せな感じ。でも選手がいいのでそこそこ勝つ。この戦術では、中盤に素晴らしいパサーと前線に強力なFWが必要。そして、中盤、DFは、攻守の切り替えがはやく、ルーズボール、ハイボール、中盤でのあたりが多い試合になりがちなので、高いフィジカルと切り替えの速さ、あたりの強さに一対一の強さが必要だ。

他国と比べて強力なフォワードのいない日本代表は、捕ったら速攻では通用しないことが多かった。しかし、クラブレベルでとったら速攻のサッカーが多いので、こがらなFWでもスピードを生かして捕ったら速攻のサッカーをしてみてもいいような気がするが、やはり個の能力が基本のこの戦術では、限界があるように思える。
オシム監督が言う、攻めに人数をかけて、ボールと人が動くサッカーってのが一番いいと思うのだが。まあ、連携が完璧にならない代表チームでは無理なのかもしれない。ここは、中盤にいいパサーが多いことを生かしてとったら速攻のサッカーを突き進んでもいいかもしれない。しかし岡田監督は何を目指しているんだろうか。攻めに人数はかけずリスクを減らし、とったら速攻を繰り返してなんとか点を取るサッカーを目指している感じでもない。前のウズベク戦は、サイドバックはあまり上がらない戦術を取ってれば、1-0で何とか勝てた試合だったと思う。
関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL:
«  | ホーム |  »
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。