TOP > スポンサー広告 > サンガ対ジュビロTOP > 未分類 > サンガ対ジュビロ

スポンサーサイト --.--.--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

サンガ対ジュビロ 2008.09.14

サンガ対ジュビロ
なかなかのかす試合。京都の人は品がない品がないっていって、自分が一番品がない。ジュビロのアイデアのなさには、時代の終わりの哀愁がただよっていた。サンガはピースピースがうまくはまっていた。佐藤勇人のスタミナとフォアチェック、くさびのコース上にいることなど、完璧。
西京極は間違いなくJ1で一番のカススタジアムだ。おっとろしくピッチと距離がある。隣にいた団体さんは、試合もみんと世間話に花をさかせていた。カミジが大嫌いだそうだ。男で知識がないのを売りにするのはだめだそうだ。えっPKじゃないよねとかいっていた。臨場感まったくなし。後ろの子供たちグループは、じゅびろ死ねとかうるさかった。万博の子供のほうが断然品が良かった。地面に菓子や飲み物をこぼし、かばんがよごれた。ごみを散乱させていた。帰りにちゃんと捨てたりきれいにしたりすればいいだけではないよね。
京都の人は大人になると微妙ないやみをいうようになる。はっきり言わない。気持ち悪い。
京都にいいことがあったり前半終了で拍手。前半終了で拍手ははじめてだ。かってたからか。
磐田はテクニック偏じゅう、村井が高い位置、駒野は走らされるだけ、村井がい
つもペースダウンさせる。持ちたがり。ワンタッチとかがない。スピードがない

京都は完璧な前半。田原と増島が決めれてたら。増島のスライディングのインター
セプトがいい。柳沢もうまいし動く。渡辺のスピードに全くついていけれてない
。田原が楽しだす。シジクレイもいい。佐藤勇人が一番頑張ってた。その点犬塚
はひどかった。犬塚は右足しか蹴れないのか、視野がせまい。左右への振り分けが下手。ジュビロの3バックのミス、走る能力のなさ、あたりの弱さが目立った。水本、増嶋は走り勝っていた。ジュビロにはシュートを打てる人もあたりの強い前線の選手もいない。前田は、あたりに行くのを怖がっているのか、無難なプレーばっかり。ナナミにいたっては30分もせんうちに交代。
後半村井がきれきれに突破。ロスタイムなってやっと前田が前を向いた。ポスト
に入ってただおとしすぎ。
渡辺ははじめ右サイドにいたと思ったら左サイドにうつって、中にもちょくちょくかおをだす。と思ったらまた右サイドに戻ったり。自由。超スピードドリブル。アシストは渡辺大剛。ナイスパスだった。これもシジクレイ、佐藤がいるからできるんだろう。特にシジクレイが最高。サンフレの森崎和みたい。
こまのはなんも仕事をしていない。ドリブルは通じない、ワンツーとかもうまくいかない、クロスの精度は最低。運動量もない。
じゅびろは本当にひどかった。練習からやわっちょろいことしてるんだろうなあって感じがした。


今日のサンガ対ジュビロ戦、ガンバ対グランパスもどっちもポゼッションしてたほうが負けた。どちらも早い時点で先制していた。先制されて、持たされたときにどんなアイデアが出せるか。時間がかかってこもった相手に何ができるか、どうペナに入っていくか。そのためにミドルシュートを打つのもいいし、強引に行くのもいい、やはり基本は中にいっぱい人をやってサイドからクロスをがんがん入れる。リスクをしょって中を作ることが大切だと思う。だめなパターンはサイドにフォワードが流れること。これだとなんの怖さもない。まさに相手の思う壺。持たされてしまう。
関連記事
スポンサーサイト
« | ホーム | »

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL:
«  | ホーム |  »
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。