TOP > スポンサー広告 > FWはロマンチストTOP > 未分類 > FWはロマンチスト

スポンサーサイト --.--.--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

FWはロマンチスト 2008.07.23

FWはロマンチストじゃなければいけない。ありもしないことを頭に描き続けていると10回に1回はそうなるんです。そのときこそ腹の底から喜べる


結局、チームワークとかチームプレーということが、日本人の本来持っている精神構造とどこか結びついて、目立ってはいけないとか、縁の下の力持ちが必要だとか、そちらの方に傾き過ぎていると思うんです。
 もちろん縁の下の力持ちは必要です。常にどんな世界でも。しかし何のためにいるのかといったら、縁の上にいる人間を光らせるためでしょう。みんなが縁の下にいて、よいしょ、よいしょと持ち上げていても仕方がない。縁の上に光を当てるのが目的で、縁の下があるのに、どこかで逆転してしまった。
 それに最近、目立ちたくないという人間が増えていませんか。ストライカーというのは変といわれてもいいのです。『点をとってナンボ』という精神が大切。やはり関西弁が一番いいですね。私は学校が関西(関学)なものですから

「釜本君は、日本が勝っても自分が思うところで点が取れなかったら、ものすごく不機嫌なんです。当時は“勝ったのに楽しくないのか”なんて非難する人はいなかった。
 いま試合が終わったあと、プロ野球でも自分がホームランを打ったことによりもチームが勝ったことがうれしいと。こういうコメントがものすごく多いですね。
 釜本君は負けたときは楽しそうな顔はしないけれど、二点も三点も取れたときは“ワシはやったぜ”みたいな顔をしていました。それがストライカーというものですよ」


「統率する側から見れば、大きな欠点のない、そこそこできる“60点選手”と言いましょうか、それを集めた方が運営は楽だと思います。大敗はしませんから。そこそこ勝ったり、負けたり……。
 しかし強い相手に立ち向かう時は、それではダメです。何かを持っていなければならない。“これが”というものをね。
 たとえば釜本君には“右45度”があった。その角度で彼がワンタッチでボールを処理したら、次の瞬間、もう私たちはベンチで腰を浮かせたものです。ここに来たら絶対に点が取れる、と分かっていましたから」


Jリーグ「秋-春制」というか「梅雨明けー梅雨入り制」への移行に賛同します。
今年は3/8-5/18, 6/28-12/6
「梅雨明けー梅雨入り制」では7/26-12/13、3/1-6/1って感じかな。

ちなみに梅雨入りの平均は近畿、関東では6/6、6/8。梅雨明けは7/19、7/20。
関連記事
スポンサーサイト
« えあ | ホーム |  n »

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL:
«  | ホーム |  »
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。