TOP > スポンサー広告 > dyjTOP > 未分類 > dyj

スポンサーサイト --.--.--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

dyj 2008.07.20

セレッソ大阪vsサンフレッチェ広島、J2の1位と2位の対決。
この試合を見れたことに感謝する。
セレッソはジェルマーノ→青山隼。サンフは高萩→桑田、ストヤノフ→盛田、平繁、森脇が怪我、下田、木寺→佐藤昭。
サンフは主力の怪我を層の厚さでカバー。ジェルマーノのかわりは青山じゃあ無理。
しかもアレーが不調または他との連携不足。でも小松が絶好調きれきれ。柿谷がでていない。代わりに乾。乾は明らかに連携が悪い。視野が狭いし、パスミス連発。ドリブルもスペースがなかった。その中でもやはり香川の動きは一番良かった。サッカーは将棋に似ている。攻めてるようでその攻めが致命的な一手になりうる。
サンフの攻めに関して、いつもどおりバックラインから始まる。セレッソは前で網を張るのと引いておくのとをうまく使い分けていた。セレッソが前に網を張ったとき(意図的じゃあないかもしれないが)、9割以上の確率で網を抜けていき(とられて大ピンチになったのは1回のみ、バックラインから攻めるときの避けられないデメリット)、その時点でチャンスになり、セレッソのJ2レベルの守備にスルーパス、裏へのパス、スペースをうまく使いサイドへ展開など。佐藤寿人の裏への動き、そのボールへのトラップは神だった。だが決められなかった。キーパーはよかったが、しょぼいシュートだった。スルーパスのだしても、森崎浩司、青山敏弘、柏木と豊富。桑田の裏への動きもとてもよく、チャンスを演出していたが、決定力を欠く。
セレッソが引いていたときは、右サイドから攻めが始まった。DFでまわし、たまに楔をいれ、無理をせずまた返して(たまに、いい意味で中途半端な位置(OHとVの間とかVとCBの間とか)でボールをもらってターンしてチャンスを作るときもあった)、リズムを作り、かつDFラインを押し上げてから、槙野がSBとOHのあいだをドリブル突破、当たりに来るVをドリブルで翻弄、李へパス、近くの選手へ、そのままシュートなど。二回ぐらい、この上がりをとられてカウンターを食らった(李がうまくカバーしていたが、いる位置はいいが足が遅すぎた)。一回はPK献上。アレーが枠をはずしてくれた。佐藤昭も反応できてた。サンフはたてへのポストが機能していた。佐藤寿人、柏木がうまくボールを引き出していた。圧倒的にゲームを支配していたが、バーやオフサイドでノーゴールなどで点が取れない。
セレッソは、濱田がうまくマイボールにしてうまくちらしていたが、サイドからクロスに中がいない(一回高い位置でサイドをかえてマークがぐずぐずになったとこへいいタイミングでヘディングシュートがあったが、守備に付かれてへなへなシュートだった。)サイドから中へショートパスで乾、香川、濱田などが切れ込むがとりきられる。中盤からカウンター気味でのドリブル突破で一人目を抜き去り大チャンスになるも青山がしっかりファール覚悟でとめた。縦パスは、CB、森崎和の身を投げ出してのインターセプトが目立った。濱田がボールを持つことができ、そこを起点としてせめていた。
後半に入って、圧倒的にサンフが支配していたが、切れ切れの小松とセレッソの右サイドの柳沢のコンビでワンツースリー、角度のないとこからフリーでシュートで簡単に先制。たしか、サンフの左サイドの服部(この試合ほとんど左サイドにはボールがいってなかった)が取られてからの失点だったような気がする。
しかし前半良かった濱田がスタミナ切れでまったく消えてしまい、セレッソはほとんどが右サイドからの攻めだった。
しかしサンフは少しもあせる感じはなく、また圧倒的に支配を続け、佐藤寿人がCBとVの間でボールをもらいターンから左足ミドルシュートで同点。決められてから数分。寿人の勝負強さはすごい。いいシュートだった。しかしセレッソの守備は足が止まっていたようだ。また、バックラインでのボール回しによって、セレッソの選手がむだに走ってしまい、前線での守備が機能しなくなり始め、攻めの体力を奪っていった。そこまで走る必要のないとこで、むだに小松が守備に走ったことでこの試合の勝利を確信した。
そして柏木のすばらしいゴールが生まれた。中盤、センターラインで浩司が香川からボールを取り、ルーズボールが柏木に渡った。この時点で、バックに3、4人ぐらいにVのアレーがいてサンフは柏木の前には寿人しかいない状況、スペースはたくさんあり(特にサイドががら空き)大チャンスだったが上がってる選手が少ないしあがる選手もいない感じ、そこを柏木がドリブルでアレーを振り切り、バックの選手も当たりにいけないとこへうまくドリブル、絶妙のタイミングで天才的なやわらかいボールタッチでループ気味のロングシュートが決まった。逆転ゴールは感動的だった。試合を決めるゴールだった。圧倒的に支配を続けるサンフにセレッソは勝ち目がなかった。後半に驚異的な運動量を見せた柏木は、圧倒的なパフォーマンスだった。この日は柏木のための試合だった。ピッチの中で柏木だけが動いてるような状況だった。柏木が交代してから、攻め急ぎでキープできない時間があり、そのときはセレッソがボールをポゼッションした。

この試合残念なとこ。
高萩、柿谷が見れなかったこと、内容的にセレッソに手ごたえがなかったこと。ジェルマーノがいたら結構僅差の試合になっていたかもしれない。
柏木がいなくなって、控えの選手が入った後に攻め急ぎ単調な裏へ一本のパスのみ、中盤でためができないなどで本来の戦いができなかったこと。
乾が不調だった(またはたいした選手じゃなかった)こと。

良かったのは、濱田という選手がとてもいいとこが分かったこと。
小松がもしかしたらめちゃめちゃいい選手かもしれないこと。
関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL:
«  | ホーム |  »
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。