TOP > スポンサー広告 > 第14節 2008年5月17日ベルマーレセレッソTOP > 未分類 > 第14節 2008年5月17日ベルマーレセレッソ

スポンサーサイト --.--.--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

第14節 2008年5月17日ベルマーレセレッソ 2008.06.29

第14節 2008年5月17日
ジェルマーノ(前半11分)
小松 塁(後半44分) 得点
セレッソ大阪
2 1-0
1-0 0 湘南ベルマーレ
湘南は小粒。アジエルがあんまり良くなかった。石原は切れがあった。
セレッソは余裕の勝利。柿谷が一番光っていた。ジェルマーノ、アレーもさすがにうまい。
基本、左サイドから香川、尾亦を基点にしていた。香川は、キープがまあまともにできる。そこまで仕掛けてはいない。仕掛けるより中盤を作る役割をうまくこなしていた。中盤で持てる選手、ドリブルを仕掛けれる選手の差が出た感じ。セレッソは、ジェルマーノ、アレー、香川がキープできる。柿谷、香川が仕掛けられる。湘南は、石原以外ほんと小粒なんの印象も残ってない。前半は柿谷、香川の仕掛けが全て取られていた。まあこんなもんだろうと思っていたら、後半の終わりになって、柿谷が10回仕掛けて8回成功ぐらいだった。仕掛ける回数も、成功数も多かった。柿谷は、狭いとこでドリブルで仕掛けれて、狭いとこでのワンツーとかもうまかった。ただキープがあんまりできない、迫力がない。前半一回も突破できなかった。圧倒的な切れや力強さはなかった。ただ仕掛ける回数がすごかった。がんがんしかけられてDFとしては嫌だろう。絶好調時のセレッソだったんで、いいバランスだったが今はぼろぼろのようだ。香川、ジェルマーノ、アレーがいなくなったら崩れてしまう。

長居はおじさんの連れが多い。若い人もいた。
関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL:
«  | ホーム |  »
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。