TOP > スポンサー広告 > サッカー 練習 まとめTOP > 未分類 > サッカー 練習 まとめ

スポンサーサイト --.--.--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

サッカー 練習 まとめ 2009.03.10

ランキングをつけることで競争心をあおる。

すべての練習が攻→守、守→攻の切り替えを素早くすることを無意識で身につくような練習にする。

すべての練習が声を出すチームにするような練習であるようにこころがける

状況判断を伴わない練習を排除する。

真剣勝負の場を多く作る→練習試合をたくさんする。部内でチームを作りリーグ戦を行う。

勝ち負けにこだわる。

勝者を讃える。

気づいたことなどの情報の交換がスムーズに行われるような場を設ける(始めは強制的に話させて、そういう環境に慣れさせる)

チームの戦術にあった練習を心がける

柔軟やフィジカルトレを自宅でやる。自分の身体の感覚を研ぎ澄ます。

ミニゲームでゴールしたらチーム全員で喜ぶ=サッカーを楽しむ

周りを見ることを無意識で身につくような練習にする

複数の選択枠からより良い選択をすることを心がける。

戦術的指示の声を出すことを無意識で身につくような練習にする

相手を騙す、意表をつくプレーを選択できる、想像力を広がせて選択肢をたくさん持つ

スペースのあるところから攻める

攻撃の際にボールに寄り過ぎない

守備の際に足を出してとりに行く。とりに行った後の体勢の立て直しを速くする。

常に敵との力関係に応じて適切なプレーを選択することを頭に入れておく

適切な場所に適切なタイミングで適切なスピードでポジション取りすることを心がける

審判もミスをする、ということを許容する

周りの声に惑わされずに自分で決断することが身につくような練習にする

両足を使ってプレーすることが身につくような練習にする

ミスをしたチームメイトを励ます=サッカーを楽しむ

ボディーコンタクトを恐れない

どんな天候下でもいつもと同じ気持ちでプレーする



体が無意識にいいプレーや思考ができるように習慣化させることが大事だし、また悪い癖をなくすような習慣化が大事。

攻守の切り替えの速さ。絶え間ないポジション修正→練習、反復による習慣化、脳への刷り込み。
相手チームの研究にあわせた戦術。個々の選手の相手との駆け引き。ピッチ上でのコミュニケーション
試合で発揮できるような練習と練習による習慣化。試合のように練習すること。
ほとんどがゲーム形式、しかし課題は変わる。
試合で求められることがすべて練習の中にある。
戦術=日々の練習による習慣化。選手は考える必要が少なくなる。考えるな感じろ。ブルースリーの世界。
戦術を知らない者にとって自由にプレーしろということほど酷なものはない。

テクニックがあって、戦術眼があって、ポジショニングが良くて、状況判断が良くて、戦えて、走れて、声が出せて、重要な試合で活躍できる。
関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL:
«  | ホーム |  »
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。