TOP > スポンサー広告 > サンフレッチェ vs大宮TOP > 未分類 > サンフレッチェ vs大宮

スポンサーサイト --.--.--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

サンフレッチェ vs大宮 2009.03.16

テーマ:サンフレッチェ広島 - ジャンル:スポーツ
やっぱヘッドが強い選手が中にいないとミキッチが良くても意味ないよね。

去年は引きこもり相手にシャドーの浩司がばんばん点とってくれたんだがな。
浩司がスッと出てくるから寿人とかも生きたし。
今年はミキッチでサイド偏重になって高さなくて2年前と同じにならんで欲しい。

大宮は去年の主力より(将来性含めて)能力の高い選手を出した。

監督の采配が悪い。
なんだかんだで2-1で勝ってたときに、アオを代えたのが。
高柳は高萩と代えれば守備的になっていい感じで逃げ切れたのに。
→アオが打撲してたことが判明。それではしゃーないな。

ストヤノフの縦パスのミスは、その前の槙野が ストヤノフに出したパスが悪かった。
相手選手がストヤノフに出すと読んで、もう走ってるのに ストヤノフに出したからすぐ詰められてミスってしまった。

全体的にコンディション悪かったね。マリ戦で消耗。J2とJ1じゃ1試合の疲労がぜんぜん違う。

新井のこぼれ球にたいするポジショニングも良かった。

去年はけっこう守備が堅かったのにな。
3Cの無双モードで感覚がおかしくなったのか

ミキッチは3人ひきつれるのはいいが
そこからの視野と展開力が今日はあまりなかった。
最後の方までサポートがなかった
ドリブルでコーナー付近まで切り込んでも、パスコースがなくてクロスしか選択できなかった気がする
最後の方は柏木とか一誠が居て、パスも出せたし切り込めた。
連携をもっともっと良くしていって試合を経るごとにいい試合するようになって欲しい。

一昨年と違うのか同じなのか。それは、2年前とは全く違うし去年とも違う(浩司がいないなど)。
これからまたつくっていかないといけない。

ミキッチは個人の能力は良かったけど、去年の後半のようなパスワークはミキッチのところで停滞した感はいなめない。これから連携をもっと良くしてミキッチの能力をさらに生かして欲しい。

勝ちゲームには見えなかった。相手の狙い通りに持って行かされた感がある。

去年の天皇杯の柏戦から中位ぐらいだろうってのは予想してたけど、とりあえず順位気にせず勝ち点を積み上げて欲しい。


以下大宮の感想
大宮はまとまってていいチームだった。主税さんも渋い働きしてますね。

マトいいし、キーパーが気合はいっとる。

新井良かったし、塚本とか市川とかも良かった。
それと藤田が影のMVPだと思う。江角は熱くていいキーパーだね。

もしかして張さんって結構いい監督?張さん勝負師っぽい。

大宮は采配が良かったよ。前からのプレスで奪って同点にしたり狙い通り。

新井そんなにいいかな。
「ミスの多い慶行」って感じだと思うんだけど・・
完全に穴だと思ってたから、将来性もあるしけっこうよさそう。

今は大卒の若手が一気に主力になる流れですね。(市川、塚本)


その他感想は以下のカズの言葉とおなじ感じ。心配なのはアオが前半早めに打撲してそれからけっこう長くプレーしたこと。

●森崎和幸選手(広島)
「勝っている時は、もう少し嫌らしいプレーをしないと。後ろに下げたり、相手をいなすようにプレーが大切になる。
ホーム開幕戦ということもあったし、ウチもチャンスをつくっていたから、イケイケになりすぎたのかもしれない。攻撃はいい形ができているけれど、もう少し守りの意識を高く持っていけば、失点は減らしていける。
キャンプから自分たちのミスで失点していたし、それがシーズンに入っても、修正しきれていなかった。崩されていないのかもしれないが、3失点という結果では、守りが甘いと言われても仕方がない。結果が全てなんだから。守から攻への切り替えは速くなったけれど、攻撃から守備への切り替えは、まだまだ。
たくさんのサポーターに来ていただいたのに、負けてしまって、本当に申し訳ない。こういう時こそ勝っていかないと、お客さんは増えない。次はしっかりと勝って『また見に行きたい』と思ってもらえるような試合をしないと。
(ミスをした槙野について)自信をなくさないことが大切。失点は誰が悪いわけでなく、チーム全体の責任。同様に、得点も全員の力。それが、チームというものだ。あまり深く落ち込まず、切り替えてほしい。誰も責めてはいないし、責める必要もない」

反面ミシャのコメントは
●ペトロヴィッチ監督(広島):
「この負けには、私も選手たちも、とてもガッカリしている。このような試合で負けるとは、私も選手も思っていなかった。サッカーとは、全てが可能だ、ということを改めて思い知らされた。多くのチャンスをつくっていたが、失点はいずれも安いもの。選手のパフォーマンスや勝ちたいという気持ちはよかったと思うし、サッカーにはこういう試合も起きうるもの。もちろん、修正すべき点を修正し、今後の闘いに臨みたい」
 
Q:高萩の出来について。
「良かったと思う。一番いい時の彼の状態ではなかったが、大切なのは彼が怪我を治して、ピッチに戻ってきたことだ」

Q:60分すぎから大宮にシュートまで持っていかれているが、その要因は?
「相手の全ての攻撃をシャットアウトすることは、難しい。我々は、リスクを負って攻めているから、ミスからボールを奪われれば、シュートまで持って行かれる可能性はある」

>我々は、リスクを負って攻めているから、ミスからボールを奪われれば、シュートまで持って行かれる可能性はある

これは事実を言ってるだけなのか、それともこのままでOK、作戦通りっていうことなのか。多分後者だね。ちょっと危機感感じるよ。
ミシャサッカーではここは大きなポイントの一つで、どのチームもそれを狙ってる。今日はバックが上がりすぎでバランスが悪くなってた面がある。パスワークもアオがいなくなるといまいちでミキッチだよりになってしまった。ビルドアップが良くならないとこんな試合になる。去年はもっといろんな選手が縦の流動性があった。今はバックが上がるばっかりでカズが下がりっぱなし。これじゃ相手も対応しやすい。去年のいいときは流動性が半端なかった。
関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL:
«  | ホーム |  »
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。