TOP > スポンサー広告 > 生観戦 G大阪 vs 広島 流れ 感想TOP > 未分類 > 生観戦 G大阪 vs 広島 流れ 感想

スポンサーサイト --.--.--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

生観戦 G大阪 vs 広島 流れ 感想 2009.04.05

前半予想外に広島がパスを回せた。開幕から2戦目以降では一番パスがまわせた。
ガンバはプレスが効かない。簡単に回される。サイドを広く使われ、バックラインでサイド、中、サイドとやる中で隙間ができてストヤノフや槙野のドリブルや縦パスが面白いように決まる。広島はそこから前三分の一からは狭いスペースで細かくつなぐが崩しきれずにシュートまで行かない場面が多かった。

そうこうしているうちに、ジェジンがポストを受けて、プレスがゆるかったところを完璧なコースのミドル。右上隅に決まった。

流れが変わるかと思ったら相変わらず広島ペース。カズからのロングボールを寿人がつぶれて柏木が縦パス沸いて出てきたように走りこんできた高柳、インサイドで綺麗に流し込む。

2点目はストヤノフの上がりから縦パスを寿人がヒールでそらし服部へ。シュートも打てる服部からJ2で何度も見たようなニアがおとりになってファーのフリーの寿人へクロス。ヘッドで決めた。

後半、策士の西野監督なら前半出来の悪かったサイドバックをいじってくると思ったが動きなし。橋本がもったいない感じだったから橋本ボランチで遠藤OHで下平インかもと思ってた。下平がそれだけ信頼されてないってことか。

橋本はめっちゃ悪くはなかった。後半は安田が完璧におさえられたから、橋本のサイドしか攻撃は機能しなかった。しかし、橋本はクロスがディフェンスに良く引っかかった。服部はクロスを簡単に上げられることに定評があるのだが、橋本はこれでは厳しい。

後半3分、審判が「笑っちゃう」ような判断でPKをとり、ガンバが追いついた。

後半もどっちかといえば広島ペース。決定的なシュートが2,3本あったしペナへの進入回数も多かった。コーナーから槙野フリーでヘッド。崩してペナ少し中から前が混戦の中フリーで柏木がふかす。寿人や柏木がペナ内でドリブル突破敢行など。

また、高柳がごりごりテクテクで、2、3人のマークを引きつれルーレットで振り切りっていうシーンが2回ぐらいあった。高柳はフォアチェックも良かったし、ゴールの機を見た走りこみなど運動量の点でも良かった。

ガンバはレアンドロが点を取れなかった。明神は後半、他の選手が運動量落ちたり判断力落ちて危険なカウンターを食らってるときに後ろから走っていき泥臭く掻っ攫い一人で攻撃の芽を摘んでいた。でも前半とかはそこまでの存在感はなかった。

ガンバの内容はいいところを探すのが難しい感じ。全体的になんかぬるいというか、崩したシーンは後半ロスタイムの交代で公式戦初出場の横竹がDFに入ってからのレアンドロのシーンだけだった。

森脇はつっただけかと思ったらけがったそうで今のところ検査待ちだそうだ、交代でいつもは盛田が入るところだが発熱だったそうだ。監督の采配で疑問だったのはミキッチが右サイドを制圧していい感じだったところをなぜか交代した。代わりに入った楽山もナイスなロングボールを蹴って悪くはなかったが。前線の人材がたりてない。

今日は見に行ったけど審判のせいですっきりしない感じ。雨降ってて、バクスタ満員で一番上で立ち見。疲れた。審判で余計に疲れた。totoのおかげでJリーグは立ち直ったけど、なんかあるよね悲しいことに。

関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL:
«  | ホーム |  »
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。