TOP > スポンサー広告 > 柏VS広島TOP > 未分類 > 柏VS広島

スポンサーサイト --.--.--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

柏VS広島 2009.04.12

全体的には、去年のJ2みたいな感じ。自由すぎるくらいパスが回る。プレスが全く怖くない。寿人が無敵。服部が躍動。シャドーが献身的。盛田も無敵。カズ、ストヤノフうまい。

柏は、主力5人いなくて個の能力がなかったしそれを補う戦術がなかった。去年の鬼プレスがきかなくなった。なんと新監督の高橋真一郎監督はポゼッションサッカーをしようとしてるそうだ。今日の試合を見たらそういう雰囲気が微塵もなかった。後から考えてみると、パスミスが多かったところや、自らボールをとられに行くようなパスがそういうことだったのか。なかなかポゼッションサッカーにするのって難しいよね。

しかし、大津の個人技はとてもよかったし、チームも全体的に運動量はとても多く潜在能力は小さくはない。運動量は短期的には精神力やモチベイションにとても左右される。去年の石崎監督の色を強く残しながらどういう進路をとるのか気になる。
後半、フランサをいなくして、運動量でまさって、何度かチャンスをつくった。特に、スタミナ切れした盛田のサイドで崩してチャンスをつくった。盛田は今季初スタメンで90分はちょっときつそうだった。と思ってたが、接触プレーで、上顎を骨折しながらプレーしてたみたいだ。すごい精神力。



中島は狭いスペースで周りをみれてなくて取られてピンチになりそうなことがあった。余裕を持って周り見てなくて危険な場所で取られるのは、厳しい。

攻められたとき、引きすぎ。

悪い流れのとき寿人が点を取ったのはすごい。攻められているときのボールを取ってからのプレーの精度を上げれば、弱点が武器にもなる。寿人がこの試合のように競り合いで勝ちまくってたらロングボール一本で全く問題ない。あとはロングボールの質だけ。この試合はカズがナイスボール。高萩が入ってからは左サイドで起点になってボールの落ち着けどころになった。ミキッチのサイドへロングボールで攻めることもできた。
関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL:
«  | ホーム |  »
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。