TOP > スポンサー広告 > 広島VS川崎 今季最高のスペクタクル カスかTOP > 未分類 > 広島VS川崎 今季最高のスペクタクル カスか

スポンサーサイト --.--.--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

広島VS川崎 今季最高のスペクタクル カスか 2009.04.26

前半に中林と森脇のところで取られて1点決められた。
試合の流れは、広島ペースで始まり、高柳が負傷退場してからしだいに川崎ペースに。高柳は球際に強く、ドリブル、パス、ポジショニングなど高いパフォーマンスを見せていた。代わりに入った高萩もとても能力が高いのだが、ここ最近動きが縮こまっている。いいときはもっと流動性があった。いいバランスで自由なポジションどりがあった。
 前半は、広島ペースだったのがいつの間にか相手ペースになるという今季よくあるパターンだった。そしたら、前半終了間際、ミキッチがシュミレーションを取られて2枚目のイエローで退場。審判側のカメラで見るとシュミレーションぽかった。逆から見ると、手がかかっててそれを利用して自ら倒れたように見えた。去年の鹿島対磐田で駒野がマルキーニョスにファウルの判定になったのも、駒野の押すのをうまく利用したシュミレーションだが、マルキーニョスはそういうのがうまい。ミキッチはその辺わざとらしくみえた。でもあの少し特殊な走り方を考えると、普通に倒れただけかもしれない。


ここまでは、前置き。後半は半端なかった。


後半、10人になって前半の終わりも流れが悪かった。攻めどころがなく、ボールを持ってもパスの出しどころがなくバックラインでしか回らない。こんな状況で10人になって、とても不安だった。
ここで、ミシャのハーフタイムコメント、

●ペトロヴィッチ監督(広島):
・動きが足りない。運動量をあげていこう。
・バランスを考えてプレーしよう。
・このゲーム、ひっくり返そう。


後半の入りはこの指示通り。素晴らしい運動量と全選手のアグレッシブな動き。前半も少ないわけではなかった運動量は後半45分ずっと高いレベルを維持し続けた。開幕から、ある程度形になってきた攻めは、何か物足りないものを感じてきたが、この試合の後半その足りない物を示してくれた。
それは、半端ないMF、FWの流動性。今まで、ディフェンダーは流動的だったが、MF、FWは役割をこなそうというプレーが多かったし、今まで作ってきた攻めの形をナゾルことが多かった。シャドーはシャドー、FWはFW、ボランチはボランチで役割を全うするだけで、流動性が多くなかった。
この試合、10人になったことで、なりふりかまわず守備をし、なりふりかまわず攻め、攻めの創造性が解き放たれた。中盤の高萩、柏木、青山の流動性というか自由さと自由をもらったときの才能。特に高萩が今季の不調を振り払う素晴らしい出来だった。前半、後半でこうも変わるものなのかとびっくりした。高萩は10人になって、今までの形が壊れたときに、新たなものを創造した。高萩の中でマンネリしていたのか、何かをぶち壊し生まれ変わった。

サッカーのチーム作りも、今あるのを壊して、また新しいものをつくるという作業が大事だと感じた。

とってから、恐ろしいまでのワンタッチツータッチでミドルパスショートパスを繰り出す。スピードが速すぎて相手はついていけないことがたくさんあった。
寿人がサイドに流れ中で細かいパス回しで崩すシーンがあった。


しかし勝てなかった。後半押しまくってたのに前の試合とかと同じようにあと何点か取れなかった。カズのシュートが2試合続けてポストをたたいたり、中島がキーパーと1対1だったりチャンスだらけだったのに決めれなかった。



そのほか感想

・カズのインターセプト、テセを完全に抑える完璧なスライディング、シュートブロック。カズ無敵。
・槙野は攻守に素晴らしい。1対1に強い。
・森脇は守備では穴の一つだった。ヘディングはまあまあだけど、槙野やカズと比べると足が出ない。後半右サイドに入って、とてもよかった。
・ミキッチの守備は素晴らしかった。運動量も良かった。ミキッチが持った攻撃時なぜかワクワク感がない。
・高柳が前半素晴らしく良かった。ミドル、ドリブルも半端なかった。負傷が気になる。
・中島良かった。カズみたいなクレバーな選手が2人いる感じ。時折見せる軽いプレーは怖いが。
・中林はいい。前川さんも誉めることしかしなかった。というか前川の解説クールすぎ。そんな選手だったっけ?
・寿人は、サイドに流れてからもいい仕事をした。左サイドから中に切れ込んで右足でいいミドル打ったりもした。
・柏木は、シュートを打てる位置でボールをもらっても、シュートコースがなかったりして持ち替えたり、ドリブルできれこんだりしてシュートコースをつくろうとしたが打ち切れない。3人ぐらい抜くもシューと打てずに取られる。いい判断だとは言いにくいが、どうやったらいいのか、まず上体を起こして、視野がある状態でボールをもっていけばシュートまで持っていきやすいと思う。今のドリブルは下向いてて見るからに取られそうな感じ。
・服部は守備では森にやられた感じ。攻撃はドリブルで仕掛けることが多かった。しかもナイスなドリブルだった。前半の広島ペースのときは輝いていた。後半は目立たなかった。
・寺田無敵。寿人も柏木も押さえ込まれた。足速いし、体の入れ方うまいしほんま無敵。


GK 34 中林洋次 GK 1 川島永嗣
DF 5 槙野智章 DF 19 森勇介
DF 35 中島浩司 DF 4 井川祐輔
DF 24 森脇良太 DF 13 寺田周平
MF 14 ミキッチ DF 2 伊藤宏樹
MF 8 森崎和幸 MF 18 横山知伸
MF 6 青山敏弘 MF 29 谷口博之
MF 17 服部公太 MF 14 中村憲剛
MF 25 高柳一誠 FW 11 ヴィトールジュニオール
MF 10 柏木陽介 FW 9 鄭大世
FW 11 佐藤寿人 FW 10 ジュニーニョ

GK 36 原裕太郎 控え GK 21 相澤貴志
DF 22 横竹翔 DF 26 村上和弘
MF 16 李漢宰 MF 8 山岸智
MF 15 高萩洋次郎 MF 6 田坂祐介
MF 33 楽山孝志 FW 34 レナチーニョ
FW 18 平繁龍一 FW 7 黒津勝
FW 39 久保竜彦 FW 15 矢島卓郎
ペトロヴィッチ 監督 関塚隆
関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL:
«  | ホーム |  »
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。