TOP > スポンサー広告 > 浦和戦 感想TOP > 未分類 > 浦和戦 感想

スポンサーサイト --.--.--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

浦和戦 感想 2009.07.13

土曜の敗戦が、なかなかショックが大きく冷静に振り返ることができない状態だ。

とりあえず失点シーンを振り返る。
1失点目は、右でどフリーの橋内にいいロングボールがいき橋内がサイドからゴールに向かってドリブルしていき、マーカーにシンプルなフェイントをみせて全く相手がフェイントに引っかからず、そこへ後ろから走りこんできた森脇へパスし森脇はダイレクトでクロス、精度が悪く相手のクリアはしっかりと味方につなげることができ前線の高原にボールがわたる。ボールサイドは2対2で逆サイドに槙野がいてその後ろにはサンフレッチェの選手が2人。このまま辛抱強く守備をして攻めを遅らせれば数的有利を簡単に作れるシーンだった。しかし、ここで周りを見ることが少し下手で楽観的な軽いプレーをたまにしてしまう中島選手がオフサイドトラップをかけてキーパーと1対1になり失点した。あの判断は、サッカーをなめてる軽いプレーだった。中島はここまでよくやってると思ってたが、この試合の怒りと失望の原因はこのサッカーをなめてる軽いプレーにあったように思う。あそこでファウル覚悟のチャージや、とにかくついていってシュートコースをせばめるなり、少しでも中に行かせないようにするなりしてくれれば、失点したとしても、そこまで怒りや失望を感じない。そして、細かい部分だが森脇のダイレクトのクロス。狙いはファーでウェーブして入ってくる寿人へ。狙いはとてもいい。もし途中でクリアされずにファーまで綺麗な軌道でクロスが飛べば1点物だった。ああいうところの精度。あそこはワンとラップ入れて大事に行ってもいい場面。あのクロスの精度の悪さが間違いなくカウンターの原因。

2失点目は、今までどおり勝負を決める時間帯でのセットプレーで簡単に決められた。同じ失敗を繰り返すのはチームとして弱い証拠だ。



それ以外の感想。
・柏木やばかった。この試合一番輝いてた選手。力強く、かつ柔らかで、粘りのある体の使い方ができていた。1対1でほとんどの場面で勝っていた。
・それにひきかえ、その他の選手は1対1の場面で負けていた。競り合いで負けたし、仕掛けて抜くこともできない。柏木がいなくなったら仕掛けられる選手が誰一人いなくなってパスを回してもなかなかギャップができなかった。柏木がいたときは柏木が仕掛けてギャップを作りそこへパスを通しいい感じで崩せていた。相手には原口とかが仕掛けて何回か抜かれた。

・ゴリ柳が、サテ柳に戻っていた。アグレッシブな守備と、なぎ倒すようなドリブルを再び。
関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL:
«  | ホーム |  »
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。